【 革の豆知識 】

【 皮と革の違い 】

 ひとくちに「かわ」といっても、「皮」と「革」には大きな違いがあります。 ではいったいその2つの境界線はどこにあるのでしょう。牛に限らす動物の皮は、体から剥いで(この状態を原皮という)、そのままにしておくと腐ってしまいます。それを腐らないように手を加え、皮から革へ転換される作業をなめしと言います。  「皮」という漢字は、獣の皮を手で引き剥がしている形になります。 一方、「革」は動物の皮をなめした後の革のことを言います。 この漢字は、頭から手足までの全体の革をひらいてなめしていた形になります。ちなみにこの漢字、革命とか改革とかに使われていますよね。 これは、動物の皮をなめすことによって違った性質を持つ革に変わります。 このことから、「革」には「あらたまる」とか「あらためる」という意味を持っています。ですので、物事が変化するときにこの漢字を使うようになったそうです。

【 革の歴史 】

革の歴史ですが、人間は有史以前から皮を使っていて、狩りを覚え、動物の肉を食べ、皮を敷物に使ったのが始まりであると言われています。  現在最も古い革製品として残っているのが、エジプトの墓から出てきた革のサンダルです。当時革製品は、王や神に送る高級な物と考えられてきました。 (どっかの博物館にこのサンダルのレプリカがあると聞いたことがあります。)  その後、ヘブライ人が皮を草木の汁につけると柔らかくなくことを発見。(これがタンニンなめしのはじまり)これで、加工しやすくなったので生活用品として様々な物が作られ生活に浸透していきました。  ギリシャ時代やローマ時代には、大きな皮革工場があり、衣料や武具、履物などが生産されていました。(2000年以上まえから革を作っていました。)  エジプトなどでは、革が工芸品としてより進化し、ローマやギリシャでは実用的な物として進化していったようです。  その後、中世に入り、キリスト教を中心に革による製本技術が発達、豪華な本が作られていきます。この技術はイタリアやフランスに継承されていきます。 現在、イタリアで良い革製品ができるのはこの影響があるようです。

【 なめしとは 】

なめしとは、先程も述べたようにごく簡単に言うと、皮から革への転換を行う作業のことです。なめされて皮から革になることによって、革は皮にないさまざまな特徴を持つことになります。まず第一に、腐りにくく、長期間に渡り変質しにくくなります。第二に、水に浸けてももとの状態に戻らず、乾燥しても膠状態にならなくなる。第三に、充実した風合いを持ち、強靭性が安定する。従って逆を言えば、なめしの方法、あるいはその良し悪しによって、出来上がる製品もずいぶんかわってくると言えます。  なめし方には大きく分けて2種類の方法があります。  ひとつがタンニン植物なめし、もう一つがクロムなめしてある。  クロム鞣しとは、要はクロム鞣剤をつかってなめす方法をいいます。現在使われている革の大部分がこのクロム鞣しでなめされています。 特に衣料として使われている革は、ほぼこのクロムなめしでできた革です。

クロム鞣しの特徴として、

  1. 耐熱性が増大する。熱収縮温度が120度にもなります。
  2. 柔軟性、弾力性が上がる
  3. 酸性染料でよく染色される

などなど、かなり加工がしやすく、強靭な状態になります。

もうひとつが、植物タンニン鞣剤によってなめされる革でこれをタンニン鞣しと言われています。 私達が毎日のんでいるお茶にも、このタンニン(カテキン)が含まれています。  タンニン鞣しは、皮を付けるプールのようなものにつけて作る場合と、大きな太鼓に入れて、グルグル回しながら作る場合、または、その両方を使う場合があります。(主にイタリアのタンニンなめしは、この両方を使ってなめしています。日本と大きく違うところだそうです。)  有名な栃木レザーは、タンニン槽(ピット)に入れてなめしています。 栃木レザーの革には、ピットから引き上げたり、干したりするときに使う穴が革の端に空いていると聞きます。(実際空いていました。)変更ご  タンニンなめしは自然な風合いで、革が好きな方は、このヌメ革といわれる、あめ色に経年変化していく革が好きな方が多いと思います。  このタンニン鞣剤にも大きく分けて二つ種類があります。あまり細かく説明しても難しい話になるので、私達が使う過程で影響を受けそうなところの話をします。  もともとヌメ革は、肌色、アイボリーの色をしていると思います。この中でもよく見ると赤身かかっている革と黄色っぽい革とあります。たぶん並べてみないと分からないと思います。(私も、並べてみて初めて気づきました。)  そして、成分の違いから、赤身かかっている革の方が紫外線の影響で色が変わりやすくなっています。黄色っぽい方が、色が変わりにくくなっています。同じように使っていても、経年変化しやすい革と経年変化しにくい革があります。(黄色っぽい革も、経年変化が比較的しにくいというだけで、色は変わっていきます。)これは、使われているタンニンの原料によって変わってきます。 栃木レザーはブラジルのミモザ系のタンニンを使っているようですね。

【 余談 : アイスマン 】

1991年、イタリアとオーストリアの国境付近のアルプスの氷河の中から5300年前の男性のミイラが発見されました。彼が着用していたのは、革で作った服やタイツのようなモノ、革製の下着や靴、頭には熊革の帽子までかぶっていました。 これらの発見は、製革技術や服飾の歴史を塗り替えるできごとであったようです。革は、氷河期から今まで、生活必需品として利用されています。 人類が初めて身につけた素材が現在も使われているのは、やはり革が天然で、また機能性、デザイン性など優れた点があるからではないでしょうか。革は私達が食料として残した副産物であり、それを最大限利用したリサイクル製品であること、私達が肉を食べる以上、現状は無限にあると考えていいと思います。これは持続的に発展する社会、世界にとっても重要なことであると考えられます。

【 革の種類 】

次は革の種類についてお話をします。  革の種類は大きく分けて、動物の種類と仕上げ方法によって変わってきます。特に仕上げについては、現在も新しい方法、色が生まれるので無数にあるといっても過言ではありません。  この他にも、革のどの部分を使うか、動物の年齢によっても変わってきます。  では、今回は動物の種類についてお話しします。

牛革(Cattle Hide)
一般的に一番目にすることが多い革です。基本的に食べられた牛から取られています。日本で使われているほとんどが、アメリカなどから原皮として入ってきます。世界的にも最も利用度の高い革ですので、年齢や性別、部位によって何種類かに分けられています。ちなみに、日本製の牛革は地生(じなま)といいます。
仔牛革(カーフスキン・Calf Skin)
生後6か月以内の大人になる前の仔牛の皮。特に乳牛種のオスのものが大半を占めるといわれています。薄手で、きめも細かく、牛皮ではもっとも高級な物となっています。哺乳類は生まれてから死ぬまで毛穴の数は変化しません。牛を例と取るとカーフスキンという仔牛の毛穴の数と成牛の数は同じという事です。という事は、単位面積当たりの毛穴の数は仔牛の方が圧倒的に多く、しかも細かい。これがカーフスキンの肌目の美しさになります。
中牛革(キップスキン・Kip Skin)
生後6か月から2年くらいの、大人になる前の牛の革。中牛革とも言われています。厚みも加わり、カーフについできめの細かい革になります。
成牛革(カウハイド・Cow Hide)
生後2年以上のメスの牛の皮。ステイアハイドに比べきめが細かい。
成牛革(ブルハイド・Bull hide)
生後3年以上のオスの牛の皮。大型で繊維組織は粗い。もっとも丈夫。去勢はしていない。
馬革(ホースハイド・Horse Hide)
革の組織構造は牛と似ているが、馬革の方が粗く、強靭性に欠ける。ただし柔軟性があり、革の表面はスムース。有名なコードバンも馬革になります。コードバンは、農耕用馬の臀部(尻)から取れる皮です。1頭から取れる量がごくわずかなため動物の皮の中でも特に高級品となっています。
鹿革(ディアスキン・Deerk Skin)
感触の良さ、革ならではの暖かい肌触りを持つ。特に引っ張りに対して強い。なめした後、革の表面をサンドペーパーで起毛させることが多い。水洗いできる革は鹿革とイノシシの革(ペッカリー)ぐらいである。非常に柔軟な革ですので、日本でも古くから使われており、武具や手袋、伝統工芸品として使われている。
羊革(シープスキン・Sheep Skin)
毛穴が多く、きめが細かく、ソフトな革です。年齢により、ラムスキンとシープスキンに分かれています。
山羊革(ゴートスキン・Goat Skin)
羊革より肌が硬く丈夫です。繊維の充実度が高い。仔山羊皮はキッドスキン。銀面は摩耗性に優れた革となっています。
豚革(ピッグスキン・Pig Skin)
豚革の最大の特徴は、毛穴が3本ずつまとまって、全皮厚を貫通しています。このため通気性に優れています。組織の繊維は牛革より細かく、バフィングにより繊細な起毛の革が得られる。国内で自給できる革と言われています。

この他にも、鳥類、爬虫類、魚類の皮があります。このあたりはあまり詳しくはないのですが、また次の機会にでも調べておきます。

【 革のお手入れ 】

●雨の日のアフターケアについて

よく、雨に革の鞄や服がかかってしまった場合どうするかとういう質問を受けます。一番いいのは、雨の降りそうな日は、革用の防水スプレーをお勧めします。最近はかなり撥水性のいいスプレーがでているので、行きがけにスプレーをしておくとかなり水をはじいてくれます。また、特にジャケットなどは、購入後すぐに一度薄くオイルを塗ることをお勧めします。オイルを塗ることによって、汚れもつきにくくなります。使い始めの時に、軽くお手入れをするときれいな状態で長く使えることができます。この時、使っているオイルや防水スプレーがご使用の革に合うか、目立たないところで試すことをお勧めします。場合によってはシミになることもあるのでご注意ください。

そうはいっても、急に雨が降ってきたりすることもあります。雨に濡れた場合は、乾いた布でたたくように水分を取ってください。そして、急激な乾燥を避け、陰干しをして下さい。この時に、型崩れしやすいので、できるだけ形を整えながら乾燥をさせてください。革から水分が蒸発する時に、油脂分が同時に失われていきます。乾ききる前に、いつもより多めのオイルを塗ってください。そして、乾いたら、余っているオイルを拭き取ってください。革に水分を含ませたまま放置しておくとカビが発生するので特に注意して下さい。カビは、革の栄養分を奪いながら繊維層を破壊し、革を変質させてしまいます。また、カビは一度発生すると、革の奥にカビの菌がのこり、次にまたカビが生えやすくなってしまいます。 カビが出た場合は、良く絞った柔らかい布で拭き取り、革用オイルを塗り込んで下さい。 革から、油脂分が失われると、繊維が硬化して脆弱になり、破れやすくなってしまいます。時々オイルを塗ってあげるようにして下さい。 ビンテージ感を出すために、オイルを塗らない方もいらっしゃると思います。頻繁に製品を使っている場合は、人間の脂や体温により、必要な栄養分が少しずつ与えられていきます。使わない状態で、放置しておくと劣化していくことになります。 特にヌメ革の製品は、最初に雨や水にかかると、シミになり、そのシミがずっと残ってしまうことがあります。まっさらの製品の場合、付属パーツを外して、使い初めに、軽くオイルを塗って日焼けをさせると、落ち着いた色になります。軽くアメ色になると、多少のシミも目立たなくなり、後あと長くきれいなエイジングを楽しめます。 というような感じで、意外に使い初めが大切という事です。

●普段のお手入れ

普段のお手入れですが、これも鞄、靴、ウェアーによって微妙に違うのですが、汚れはまず、ブラシや乾いた布で拭き取ってください。あとは使用頻度にもよりますが、適度にオイルを塗り込んで下さい。使い方にもよりますが、1カ月に2回ほどでもかなり状態は良くなっていきます。 スウェードやヌバックのような起毛系の革は、特にシミになりやすいので、必ず目立たないところで試してください。硬く絞った布でもシミになることがあります。最近は、革専用のクリーニングもあるので、レザージャケットやパンツについては、数年に一回クリーニングに出すと、リフレッシュして返ってきます。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31